読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんばらんばーブログ

大学生 日常の出来事をつらつらと

「完璧な自分」演じなくていい 人は人、自分は自分

f:id:ikimonogakalee:20170526154150j:plain

 

僕は、山田ルイ53世さんの記事を読み、昔の自分を思い出した。

早稲田大学受験時代の話にさかのぼることになる。

当時の僕は、とにかく野球部に入るためだけに早稲田大学に合格したかった。その結果、半年間毎日「死にもの狂い」10時間以上勉強した結果、見事合格することができた。

そして、大学入学前に野球部の練習に参加した。

周りには、甲子園に出場したスター選手や早稲田実業などの付属校から上がってきた実力ある選手たち。練習中に、彼らの身体能力を見るだけで「来るべきところを間違えたな」と思ったし、全国トップレベルの選手たちとの実力差をまざまざと見せ付けられた。また、僕は高校時代に左膝をけがしていて、全力ダッシュできず、練習にはついていけなかった。

そんな現実を前に、自分の夢を諦めた。まったく情けないことだ

 

今でこそ笑えるけれど、そのとき「抜け殻」になってしまった。これからの人生、「何を生きがい」にして生きていけばいいかわからなくなると同時に、自分の中で思い描いていた完璧な人生の道のりが閉ざされてしまった。

今思えば、人生で一番の挫折だったと思う。立ち直るのに数月以上かかった。

僕はそれまで野球にかけて、人生を歩んできた。

 

僕は、野球をやめたことを周りには言えなかった。変にプライドが高かったからだ。

プライドにも二つ種類があって、自分の能力を高めるプライド(練習で苦しい中でも自分ならできると信じて困難を乗り越える際にでるプライド)なら良いと思うけど、周りに対するプライドは無駄でしかない。

自分がちっぽけな人間に思えた

 

その後、他の部活の体験に行った。

その時、その部活のキャプテンに言われた言葉がきっかけで立ち直ることができた。

野球がだめでも、何度だって人生はやり直せるよ。俺たちと一緒に練習しようぜ。

その言葉で、僕は立ち直ることができた。今でも感謝している。

 

自分が思い描いた理想の人生を生きようとすることも大切なんだけど、一つ瓦解しただけで何もできなくなるそんな人間としての自分の弱さを克服できた出来事だった。

僕は人間として弱い。

弱いからこそこれから頑張るんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学受験までの人 そうじゃない人


今年の3月から始まった就職活動も

6月で終わりだ。


就職活動は受験とは全く違う

受験は高い得点を取れば受かる 正解もある

一方で就職活動は正解がない

面接官にとって、こいつ面白いなとか印象に残るような話ができる人間が必要とされている


〜大学までの人

そうじゃない人 という言葉があるように、大学受験までのお勉強以上に大事なことは沢山ある

人と接する時にどうやったら、信頼してもらえるようになるかとか良好な関係を築いていけるかなどコミュニケーション能力が大事なんだ


大学受験で偏差値の高い大学に入れたことで勘違いして、勉強しかできないにも関わらず自分をどこか凄い人間のように思っている人が沢山いる


学者になろうと、官僚になると、一流企業に入ろうと、何をやろうと人との交流が大切になってくる場面がある


人との付き合い方 関係の築き方を知っていることもまた大切な要素なんだと思う。






気分を晴らしたいからこそ、筋トレをする

筋トレは最高だ。

一生懸命頑張ったのに試験でいい結果が出なかったとき人間関係で悩んだとき、そんな時でも筋トレをすれば、心をクリアな状態にできる。

 

大体週三くらいのペースで早稲田大学戸山キャンパスのトレーニングセンターに通っている。

ジムにいくとほぼ毎回同じメニューをする。

まずはストレッチを入念に行う。ケガをしてしまったら、筋トレができなくなってしまうからだ。それだけは避けたい。

そして、ランニングマシーンを使用する。速度は、5→8→12→14→16と上げていく。二十分程度走っているだけで、結構な量の汗をかく。この時点で、もやもやしてた日々の鬱憤が晴れてくる。体を動かしていると、生きている実感をする。気分は、最高だ。

そして、次に腹筋を行う。

四種類の腹筋を100回ずつ行う。満遍なく、腹の筋肉を鍛えるためだ。

大学一年のころ、練習で腹筋800回家で500回腹筋を毎日繰り返していたが、それでも腹筋は割れなかった。今の400回程度じゃ到底割れない。けれど、それでもいい。

気分を晴らすため、気持ちをフレッシュな状態に保つために筋トレをするんだ。

 

気分をもっと晴らしたい

そんな時には、ベンチプレスをする。

ベンチプレスの重さは、30~70の重さで行う。継続してやっていないと、70はキツイ。

マックスは75だが、重量は関係ない。重い筋肉は、今やっているスポーツには必要がない。そして、何より気分をフレッシュにすることが大事なんだ。

 

早稲田の筋トレ部が横で120キロを悠々と挙げている。彼らもまた、気分をリフレッシュするために日々筋トレと向かっているのだろうと思う。

 

そして、筋トレは仲間一緒にやるともっと楽しくなる。最高だ。

また、筋トレ後の飯には罪悪感を伴わない。精神的に病んでる人や日々ストレスを抱えている人には、筋トレをお勧めする。

f:id:ikimonogakalee:20170504195722j:plain

アルジェリア人質事件 人生の幸せとは

就職活動をしていると、発展途上国新興国にかかわる仕事がしたい人が必ずと言っていい程いる。俺もその一人だ。

アフリカのルワンダに滞在した経験から、新興国など世界の国々の生活基盤を整備することが目標であり、それを就職活動の軸にしている。

そのため、総合商社やプラントエンジニアリング、外資など新興国に進出している企業を中心に受けてきた。(まだ、就職活動は終わっていない。)

そして、内定をもらう前までは、必ず発展途上国などに行き、何年もかけて、その国のために事業を成功させてやるという強い思いを持っていた。

ただ、実際に内々定をもらい自分自身の将来について考えたとき、アフリカのルワンダのような水や電力、道路などインフラが十分に整備されていない国に何年も駐在することは、よほどの覚悟がいるなと感じる。

現地人の習慣や文化は違うし、治安やマラリアの問題も存在するだろう。下手したら、命を落とすかもしれない。

俺が受けている会社は海外にビジネスを展開しているし、就職する前にはいずれにせよ相応の覚悟が必要だ。

 

新興国開発途上国でビジネスを行うことに、強い意志や覚悟が必要だと感じさせられる事件がアルジェリアで起こった。

アルジェリア人質殺害事件。

「亡くなった社員の中には、20年来の付き合いのあった同僚がいました。」

プラントエンジニア大手・日揮の社員10名がテロの犠牲となり、命を落とした、、、

 

みなとみらいにある本社へ行き、日揮で働いている女性社員にインタビューをしたことがある。「どうして、危険と隣り合わせの環境でプラント建設をしようと思うんですか」という私の質問に対して、「世界の国々の生活基盤を整備するためだよ」と応えてくれた。

 

その日揮で働いている人にとっては、世界の国々のために働き戦い続けることが幸せなんだと勝手ながら思った。

「幸せ」

とは何だろうとたまに思う。

俺はスポーツをしているときに一番幸せを感じるし、大学のゼミの先生は論文を家で書いているときが幸せと今言っていた。人によって、幸せは違うし、いろんな価値観があると思う。どれが正しいとかではなく、人それぞれなんだと思う。

 

 

 

f:id:ikimonogakalee:20170413110729j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッター依存は精神衛生上悪いのか

 

早稲田大学に関係なく、どこの大学であろうと、多くの友人はTwitterユーザーだ。

ツイッターは見ていて楽しかったり、最新の情報を得られるから、ツイッターをほぼ毎日見てしまうと言う友達も少なくない。

一方で、タイムラインを見ていて、ストレスを感じる場面があると主張する人もいる。

 

なぜだろうか?

 

友人と話している中で多く出てきたのは、

自慢ツイート

例えば、四年生のこの時期では就活に関するツイートだ。

「内定辞退どうしようかな」「最終面接緊張した」など、、、、

 

人の中には、承認欲求が強い人がいる(僕も強いほうだと思うので、気持ちはわかる)

どうしても、Twitterで自分のすごさをつぶやくことによって、自分の承認欲求を満たしたいのだろう。Twitterのほかにも、インスタグラムという写真を載せるアプリをやっている人もいる。インスタグラムをつい最近見せてもらったが、その人のアカウントには自撮り写真が数え切れないほど載せられていた。これも、満たされていない欲求を満たすためだと思う。あくまで僕の考え方だけど。。

欲求を満たすために、世の中に発信されたツイートが誰かの心に影響を与えるSNSの力は本当に大きなものであると思う。

 

 

「-ちゃんって本当にかわいいね」「かっこいい」「すごい」

そんな言葉を貰うために、日々SNSに時間を費やしている大学生もいるだろう。

中には、こんな友達もいた。

一緒にご飯を食べに行っても大学の講義を受けても、Twitterとインスタグラム、フェイスブックとにらめっこ

なにがしたいのか、わからない。SNSに時間を費やす時間を少しばかり少なくして、本や新聞を読んだり、筋トレや部活のスポーツに時間を費やせばもっと有意義な毎日を送れると思う。

 

結論としては、Twitterに依存することは良くないことだと思った。もちろんTwitterにもいい面はたくさんある。けれど、俺としては、先に書いたように悪い面がよい面を上回っていると感じた。

自分の人生をもっと楽しむために、リアルの生活を充実させるよう頑張っていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「戦場」満員電車押し込みバイト



f:id:ikimonogakalee:20170513065005j:plain


今年で、このバイトを続けて2年が経とうとしている。

正直、満員電車押し込みバイトは精神的・肉体的にキツイ、、、、

けど、続ける 何故だろうか。それは間違いなく楽しいからだと思う。


朝5時半にスマートフォンのアラームをセットする。週3〜5日、大学が一限で始まる授業以外はこのバイトを入れてきた。

5時半に起きると眠くて、「バイトをずる休みするか、頑張っていくか」心の葛藤が始まる。。。

特に前日遅くまで課題やボクシングをしていた日は、体の疲労がピークだ

けれど、行く


多分楽しいからだと思う。朝6時頃から始まる業務は眠いし、冬なんて凍える程寒いし、時給もそんな良い訳じゃないし、、、

それでも続けられるのは、やっぱ楽しいから


家庭教師のバイトは時給4000円。この満員電車押し込みバイトを三時間分の給料だ。

けど、厳しい環境の中で一生懸命遅延防止に向かって頑張る中で、家庭教師以上に学べる事は沢山ある


それを学べることが楽しいし、面白い

気持ちがあれば、環境は関係ない

自分次第だと思う!





亀田興毅VSジョーブログのジョー 結果 "感動"

f:id:ikimonogakalee:20170507211253j:plain


こんばんは!"がんばらんばー"です‼️


"亀田興毅に勝ったら1000万円"

この企画に名乗りを上げた一人、ジョーブログのジョー!!!

結果は、3RTKO負けだった、、、

しかし、彼の試合は多くの人を感動に届けたことだと思う。


試合開始のゴングと共にジョーは、"三階級世界王者"亀田興毅に向き合っていった。

ジョーの目は、南米縦断・アメリカ横断の中幾つもの困難を乗り越えた者の目、そのものだった。


ジョーは右ジャブ・左ストレートのコンビネーションで会場を盛り上げる。


しかし、亀田興毅の左ストレートが、ジョーの顎を何度も捉え、ジョーはダウン。

リングの上に立ったことしかない事しかわからない痛みだ、、、 、

普通の人なら、立つことはできない。


それでも、ジョーはすぐさま立ち上がり、ファイティングポーズをする。

彼の生き様を表しているようだ!


どんな困難でも必ず乗り越え、正直に向かっていく。そんな姿が多くの人の心を捉えてきた。

ジョーには、人の心を動かす力がある。

今回も、ボクシングを通じて、多くの人の心に勇気や感動を届けたことだろう。


ジョーブログ最高!!

ナイスファイト!!感動をありがとう!!!