がんばらんばーブログ

日常の出来事をつらつらと

ルワンダ滞在記⑥RWANDA:ホームステイ先のメンバー紹介part②

こんにちは‼️

"がんばらんばー"です。


最近は、ヒッチハイクに挑戦しようと思って奮闘中です😉 二子玉川の近くの用賀駅周辺が良いとか。。。


今回は、前回に続き「ホームステイ先のメンバーpart②」について紹介しようと思います😚


f:id:ikimonogakalee:20170418180410j:plain


ティエリー・ルキラ。(写真・真ん中)

彼の年齢は不明です。というのも、小さい頃に親を亡くして、ストリートチルドレンとして生活していたからです😢 


"ティエリー"は自分の過去を、誰にも語ろうとしません、、、、、 

「ただ、1日を生きる事に精一杯だったそうです」😥


彼はルワンダの隣国コンゴで生まれ育ちました。当時、コンゴでは内戦が起こっており、数えきれない人が命を落としました。

私の憶測ですが、ティエリーの両親はその内戦で命を落としたのではないかと思います😢

そして、彼は生き延びるために、ルワンダ🇷🇼にやって来たのではないかと思います😣


*話は変わりますが、ルワンダのような途上国では仕事が極めて少ないです。。たとえ、死に物狂いで大学を卒業しても、就職先は保証されません💦

JICA(国際協力機構)が、いくら途上国に援助をしても、日々人口が増加し続ける開発途上国における十分な雇用創出には繋がってきません😣😣


あるルワンダ人は


"JICAはルワンダの為にたくさんの事をやってくれている。しかし、雇用が創出されなければ国は変わらない。途上国では、援助ではなくビジネスが必要不可欠なんだ"

と言っていました、、、💣


ティエリーも同じことを言っていました😌彼は、10代の時に小学一年生として勉強を始め、大学まで上がりました(大学2年時、何者かに学費を盗まれ、大学を中退)

それでも、彼は職につけません、、、💦 


ルワンダのような途上国において、職に就けない人たちには、選択肢が二つあります。


⒈身体を売ること(何十円で観光客やルワンダ人に交渉して、身体を売ります。)

→十分な教育を受けなかったり知識を身につけず性行為をした結果、エイズが蔓延します😣 

エイズが蔓延した結果、多くの人が命を落とします、、、


2ハウスヘルパーになること

ホームステイ先のハウスヘルパー"エリックは、朝の4時半から夜の1時(二週間に一度休み)まで働き続けます。



毎日働いて、月収は何円だと思いますか??


2500円です、、、😅 


厳しい世界です。先進国と途上国の格差はどんどん開いていきます😨

弱い者は搾取され、強き者が残る⚾️

弱肉強食の世界。。。



"この状況を変えたい" そう強く思っても、一人の力では中々上手くいきません。


けれど、諦めてたら何も変わらないです💧

→一人が行動を起こし、また一人が何か活動していく、、、

甘い考えかもしれませんが、そうやって状況は少しずつ打開されていくと思います♪


ティエリーとは今もFacebookで連絡を取っていて、ある約束をしています。。。

→"発展途上国の為に何か小さな事でも良いから、成し遂げる"ことです💪



長くなってしまいました😥

今日はここまで。季節の変わり目なので、風邪には気をつけてください‼️

-to be continued-