がんばらんばーブログ

日常の出来事をつらつらと

ツイッター依存は精神衛生上悪いのか

 

早稲田大学に関係なく、どこの大学であろうと、多くの友人はTwitterユーザーだ。

ツイッターは見ていて楽しかったり、最新の情報を得られるから、ツイッターをほぼ毎日見てしまうと言う友達も少なくない。

一方で、タイムラインを見ていて、ストレスを感じる場面があると主張する人もいる。

 

なぜだろうか?

 

友人と話している中で多く出てきたのは、

自慢ツイート

例えば、四年生のこの時期では就活に関するツイートだ。

「内定辞退どうしようかな」「最終面接緊張した」など、、、、

 

人の中には、承認欲求が強い人がいる(僕も強いほうだと思うので、気持ちはわかる)

どうしても、Twitterで自分のすごさをつぶやくことによって、自分の承認欲求を満たしたいのだろう。Twitterのほかにも、インスタグラムという写真を載せるアプリをやっている人もいる。インスタグラムをつい最近見せてもらったが、その人のアカウントには自撮り写真が数え切れないほど載せられていた。これも、満たされていない欲求を満たすためだと思う。あくまで僕の考え方だけど。。

欲求を満たすために、世の中に発信されたツイートが誰かの心に影響を与えるSNSの力は本当に大きなものであると思う。

 

 

「-ちゃんって本当にかわいいね」「かっこいい」「すごい」

そんな言葉を貰うために、日々SNSに時間を費やしている大学生もいるだろう。

中には、こんな友達もいた。

一緒にご飯を食べに行っても大学の講義を受けても、Twitterとインスタグラム、フェイスブックとにらめっこ

なにがしたいのか、わからない。SNSに時間を費やす時間を少しばかり少なくして、本や新聞を読んだり、筋トレや部活のスポーツに時間を費やせばもっと有意義な毎日を送れると思う。

 

結論としては、Twitterに依存することは良くないことだと思った。もちろんTwitterにもいい面はたくさんある。けれど、俺としては、先に書いたように悪い面がよい面を上回っていると感じた。

自分の人生をもっと楽しむために、リアルの生活を充実させるよう頑張っていこうと思う。